Skip to content

途中経過

半年後ほど続けてきたキックボクシング。

なるべく週2は通い、1回に2時間はトレーニングをするようにしてきました。

少しづつ、本当に少しづつですが
 

上達を感じます。

 

そして上達と共にキックボクシングが面白くなってきております。

相変わらずトレーニングの後は多めにお酒を飲んでしまいますが、必要な筋力も少しずつ付いてきており、体質も変わってきていると感じます。

この半年で学んだ事を挙げると
 

①力を抜く

力まかせにパンチやキックをするのではなく、力を抜いて体全体を使う事で逆に威力が増します。

 

②トレーニングに慣れてきた

最初は2時間連続で受けるレッスンがかなりきつかったですが、多少のハードさには慣れてきました。

 

③負荷をかける

これは②と関係してくるのですが、やっぱり負荷をかけないと体力も上がらないし、達成感もない。最近は体が負荷を求めています。

 

④色んな先生から教わる

インストラクターによって教え方が違いますが、色んな先生に習う事でヒントや発見がたくさんあります。

 

ではこれを英会話(GLOBE)に置き換えてみると

 

①力を抜く

英語を話す時は力を抜いてリラックス。間違いを恐れず、せっかちにならず、ゆっくりと大きな声で。

 

②トレーニングに慣れてきた

最初は連続でレッスンを受けるだけで、ものすごく疲れます。僕も留学初期の頃は一日が終わる時にはクタクタでした。でもそれもすぐに慣れます。それは上達している証拠。

 

③負荷をかける

英語筋肉を付けるためにも負荷は必要。あーもうダメだ。。ってところからのあと1回、1レッスンが筋肉になります。

 

④色んな先生から教わる

教え方も違えば、話し方やアクセントも違います。色んな先生からいい部分を吸収すればスキルも上がる。

 

ある科学者が言っていました。

「体は日本語を理解しない」

これはどういう事かという、例えば「よし、筋肉を付けよう」と思うだけでは体に何の変化も起きない。体は日本語を理解しないから。でも筋トレをする習慣が1ヶ月続くと、体が筋肉が必要だと気づき始めて、自然と体質も変わってくるというもの。

英語に置き換えると、英語に触れる、勉強する習慣を付けていく事で、体の吸収力も体力も上がってくるという事ですね。やはり小さな積み重ねがすべてなんですね。

何事も上達を感じると楽しくなるもんですね!

いつか試合に出てみようかなぁ。。

Published inTakeshi

2 Comments

  1. #97M #97M

    あたし殴られたらアホに拍車かかるわ(笑)

    • GLOBE GLOBE

      ミワさんも始めましょう!トレーニング後のお酒は格別です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。