Skip to content

あてにしない

梅雨が近づいてきているせいか、パっとしない天気が多くなっております。まるでイギリスの天気のようです。

イギリスに対しての二大悪口は「天気が悪い」「ご飯がまずい」。この点について僕の見解を話してみます。

【天気が悪い】

イギリスは雨のイメージがありますが、年間雨量は東京1,528.8mmに対しロンドン601.5mm。つまり東京の方が2.5倍降水量が多いんです。「ロンドナーは傘を持たない」「常にフードを被っている」そんな印象を持ってましたが、実際に住んでみてその理由が分かりました。

ロンドンは日本のように1日中雨がジャンジャン降るという事はなく、「ちょっと降ったら止んで、ちょっと晴れてまた雨が降る」基本こんなサイクルなので、その場凌ぎのフードや帽子が重宝するんです。

なので晴れた日の爽快感と幸福感はたまらない!晴れた日はこぞって公園で日光浴する理由が分かります。それだけいい天気が貴重なんですね。しかも5月〜8月頃は22時頃迄明るく、この時期は湿気がないので最高に過ごしやすい。でも向こうにいたらいたで、日本のジメッとした暑さの中、花火を見て露店を徘徊する夏が恋しくもなったんですが。

ただ冬は15時頃には暗くなります。。。

【ご飯がまずい】

イギリス人すら自虐的に評するイギリス料理。不味いというかバラエティーが少なく手抜きという感じです。

有名なジョークがありますよね。

世界で一番幸せな男は? アメリカの家に住み、イギリスの給料をもらい、中国の食事をとり、日本人の妻を持つ男。
じゃあ、世界で一番不幸な男は? 日本の家に住み、中国の給料をもらい、イギリスの食事をとり、アメリカ人の妻を持つ男、

理由として

氷食地→野菜が育ちにくい
ジェントルマンは質素であるべき→食事に無頓着
フランス革命→フランス文化の排除
産業革命で都市化→農村部に人がいなくなる

色々とあるようです。

ただ美味しいレストランはたくさんあります!全世界の料理がそれなりのクオリティーと価格で食べれます。僕がちょくちょく行ってた、ベトナム、トルコ、中国のレストランはリーズナブルでめちゃくちゃおいしかったです。

色々と書きましたが、僕が一番言いたい事は、「人の言う事なんてあてにするな」です。ですので、このブログで言ってる事も決して鵜呑みにしないで下さい。回りの人は自分の見解を好き勝手言います。イギリスに住む前は色んな人に色んな事を言われました。正しかったものあれば、まったく違うものあれば、徐々に印象が変わったものもありました。自分の目で見て感じで経験した事がすべてで、それが一番正しいのです

イギリスに興味がある方は、ぜひ実際に足を運んで見てみて、そして現地の人と英語で話してみて下さい。世界はぐっと広がります!

Published inTakeshi

3 Comments

  1. #97M #97M

    中華はテッパンやと思って、ピカデリーサーカスで入った中華屋が不味くてねー(笑)
    結局ホテルのビュッフェ朝食が一番美味しかったの思い出したよ
    またロンドン行きたいなー

    • GLOBE GLOBE

      ピカデリーサーカスのような超観光地のレストランはイマイチかもしれませんね!笑。あー、ロンドンに行きたくなってきた!

  2. Aiko Aiko

    行ってみたい…ロンドン。
    中学生の時からの憧れの地。
    漠然とした憧れだから、何を見たい!どこへ行きたい!とかはないけれど、ロンドンという地に足を踏み入れてみたい★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。