Skip to content

Purpose

Denzel Washington

Bill Gates

JK Rowling

Steve Jobs

Martin Luther King Jr.

Charlie Chaplin

Jim Carrey

Barack Obama

Rocky Balboa

といろんな人たちのスピーチを聞いてきました。今はYoutubeというものがあり、簡単にそういったスピーチを見ることができる時代ですね。上記の人たちのスピーチは検索すればすぐ出てくると思いますので皆さんも良かったら一度と言わず、何度でも見てください。英語の勉強にもなりますよ!

そして昨日見たのが、今をときめくFacebookの代表、

Mark Zuckerberg

その人のスピーチです。母校であるハーバード大学の卒業式でのスピーチですが、映画を見た人は知っているかもしれませんが、映画のキャラクターとは違って凄い爽やか(笑 そしてもちろんここまでの道のりを経てでしょうが、とても堂々としてて、目に強い光が灯っているように感じました。

そして、ビルゲイツ、スティーブジョブスに漏れずに、彼もハーバードを卒業せずやめてるんですよね。

「今日のこのスピーチを無事終えることができたら、これが僕がハーバードで初めてやり遂げることができた何かだ。」

なんてジョークも聞かせながらも、すごく熱い、真剣なお話でした。

30分の長いスピーチですが、そういう誰かの話を聞くために時間を作るということは、とても大切なんじゃないかなと思います。

日本語訳もありますので、これを見ながら聞いてみてください!

http://www.huffingtonpost.jp/keizo-kuramoto/mark-zuckerberg-harvard-speech_b_16818864.html?utm_hp_ref=japan

 

さて彼が伝えたいメッセージとは?それは

 

みんなが生きる目的を持ち、そして他者にも役割や目的意識を与えることのできる世の中

 

こういうことでしょう。英語どういうところの、「Purpose」です。物質的豊かさや科学や技術の進歩、経済の発展だけでは本当の意味での幸せは得られない。人はなにかの目的や役割を自覚し、それに向かって精一杯生きていくことで幸せだと感じられる。そういうことを言っています。

 

そのためには何ができるか?と言う部分での具体例などは正直、理想主義に過ぎていてとてもじゃないけどみんな同じレベルで共有できないかなという感じはしましたが、そんな風に悲観的にならず心をフラットにして見てみてください(笑

 

でもこれすごくすごく大事なことだと思いますし、僕もこれこそが本当の意味で心を豊かにし、幸せを感じられる道なんじゃないかと思います。

 

どんなに小さくても、誰のためであっても、目的を持った人というのは強く、たくましい。そして生き生きとしています。そしてその一歩先にいる、目的や目標を失っていたり、自分にはなんの役割もないと思っている人たちに、そうできるように導いてあげれる人は、本当に素晴らしい人たちなんでしょう。

 

ソウイウヒトニワタシハナリタイ。

 

それでは頑張ってください。僕はだいたい気に入ったものは最低10回くらいは聴いたりするので、勉強も兼ねてみなさんも、何度も聞いちゃってください。最初に挙げた人たちのスピーチも素晴らしいですよ!

Published inHiro

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。