Skip to content

El Che Vive

I know you are here to kill me.

Shoot, coward. 

You are only going to kill a man.

 

アルゼンチン生まれ、フィデルカストロとともにキューバを解放し、死ぬ最後の瞬間まで戦い続けた革命家、「Che Guevara」の最後の言葉ですね。

先週はタケシが平清盛の開拓精神について書いていたので僕も僕のヒーローであるゲバラについて書いてみたいと思います。そう皆さんもご存知、この人。

アルゼンチンの裕福な家庭に生まれ、医者の父を持つ彼は、医学生の時に友人と南米全土バイク旅を敢行します。

 

チリ、ペルー、エクアドル、コロンビア、ベネズエラ、パナマ等をおとずれた彼が見たものとは?

 

それは圧倒的な貧困。

資本主義に搾取される底辺の人たちの苦しみと悲しみ。

 

この旅をきっかけにゲバラは少しずつ革命思想に傾いていきます。

その頃中米にあるグアテマラでは経済的な不平等を正すために、当時の大統領が土地の再分配等の政策を行いましたが、当時のアメリカの国務長官の元、CIAの介入でこの試みは失敗に終わります。

この当時のアメリカは共産主義を徹底的に叩くという強い姿勢を見せていて、資本主義を守るために躍起になっていました。

この時グアテマラで一番土地を多く所有していたのはアメリカの大企業。そしてこのアメリカ国務長官はこの企業の株主であり弁護士だったというのは偶然にしてはできすぎた話ですね。

 

この出来事は最終的にゲバラを「武器を持った革命でしか帝国主義と資本主義には立ち向かえない」という決意を固めさせることになります。

 

そこからフィデルカストロとキューバを独裁政治から解放し、その後もアフリカに渡って革命を指揮し、最後はボリビアの山奥でCIAに捕まり射殺されてしまいます。

その時、最後に発したのが冒頭の言葉です。

 

俺を殺すためにここにいるんだろう。

撃て、臆病者よ。

お前が殺すのはたった1人の男、それだけのことだ。

 

ネット検索してて出てくる日本訳は結構違ってて僕的には違和感を覚えるので、これは僕のオリジナルですが、一体彼が何を意図してこう言ったのかはわかりません。ですが僕が思うのは、

ゲバラという人間が1人死んだとしても彼の蒔いた革命の種は世界中に広がっていて、もうそれは誰にも止められない大きなうねりになっている。

という風に解釈できるんじゃないかなと思っています。

 

殺される前にゲバラはこう聞かれました。

お前は死なないことを考えているのか?

それに対して彼はこう答えたそうです。

俺は「革命が死なないこと」を考えている。

 

全ての虐げられている人のために、戦い続けたゲバラはとても優しい男だったのでしょう。人の苦しみや悲しみを見てられなかったんです。何かをせずにはいられなかったんです。優しすぎたんです。

 

自分にとって大切なものを見極める力、それを守るために戦う意思の強さと行動力、死ぬまで貫き通す固い信念。

そんな平和な日本に住んでいるとぼんやりしてきそうなことを強烈に思い出させてくれれる、Che Guevara。もっと知りたい人は入門編として、

 

The Motorcycle Diaries

をお勧めします!革命の炎、灯してください(笑

 

VIVA LA REVOLUCIÓN!

 

*これは僕がグアテマラに行った時の写真。”El Che Vive”  チェは生きている。

Published inHiro

4 Comments

  1. 360 Mayuko 360 Mayuko

    Amazing!!
    かっこええですね。

    武力はやはり好きにはなれませんが、
    その思いは素晴らしいなと思います。

    とは言え、私のヒーローは土方歳三や
    坂本龍馬といった幕末の侍たちなので、
    武力や争いとは離せないんですけどね。笑

    何かせずにはいられなかった。
    これにつきるんですよね、きっと。
    そんな強い思いを持てるようになりたいものです。

    • Hiro Hiro

      そうですかーわかってくれましたかー!(笑

      かっこいいんですよ。世界一かっこいい男と呼ばれるくらいですから。

      だれ傷つけずに、いろんなことが解決できたら素晴らしいでしょうね・・・
      でもやっぱり時には戦わないといけない時があるんだと思います。大切な人や物を守るために!

      土方歳三・・・めっちゃ殺ってますよ・・・!!

      • 360 Mayuko 360 Mayuko

        …ですよね。笑
        人の命を奪う争いはやはり良しとするには抵抗がありますが、それでもその信念は一目おくべきものじゃないかな、と思います。

        そんなゲバラに関わる映画で
        「エルネスト」というタイトルのものが公開されるのですが、それを撮った監督は私の高校の大先輩です。
        なんだかタイムリーでびっくりしました!!

        • GLOBE GLOBE

          えーーーーーー!

          たしかオダギリジョーのやつですよね?見てみたい!
          もう1人のゲバラ。

          実話に基づいた話なんですね。俄然興味が湧いてきた・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。