Skip to content

スカウター、オン!

すっかり街はクリスマスモードですね。

いーつまでも手をーつないで、いられるよな気がしていたー。

で反応する人は、70年代、80年代生まれでしょうか(笑

平成生まれの定番クリスマスソングはなんなんでしょう・・・?

Good morning!

しかしクリスマスの話が出てくるということは年末ということ。そして2017年もそろそろ終わりかけてるということ。

2015-2017

にかけて、振り返ってみるとジェットコースターに乗ってる様な、そんなハラハラドキドキ、エキサイティングでスケアリーな2年だった様な気がします。

間違いなく、

 Eventful:波乱に富んだ、出来事の多い

な2年でした。

そういえば昨日ふとシャワー浴びてて、

「あれ、今何歳だっけ?」

と人生で初めて自分が何才か一瞬わからなくなりました。

 

こうやって歳を重ねていくごとに、人間の頭の中はいろんなものを詰め込んでいくんですね。

仕事のこと、家族のこと、友達のこと、恋人のこと、お金のこと、趣味のこと、健康のこと、誕生日、記念日、結婚式、葬式、天災、環境問題に世界平和、そして日々の掃除洗濯。

脳はきっと鍛えることができるから、キャパを広げることは可能だと思いますが、それでもどんどんいっぱいになってくるんですよね。

そんな頭の中いっぱいの状態で英語を勉強しようとすること自体大変なことなんですね、きっと(笑

 

だから、それをまずは認識することは大切です。

 

「こんなにいっぱいの頭の中にさらに情報を詰め込んでいくということは、そうとう気合を入れて情報を整理整頓、取捨選択して効率良く勉強していかないと難しいぞ。」

 

僕は英語、言語を勉強すること、もしくはなんでもいいです、新しく覚えることならなんでも。

これが上記の様なことだということを、かなり深く理解できているつもりです。

 

ドラゴンボールZに「スカウター」という相手の戦闘能力を測る機械が出てくるのですが、それで相手の強さを見て自分が勝てるかどうかを判断したりします。

 

 

主人公の悟空たちは地球でその様な技術がない中で、スカウターの様な機械に頼ることなく相手の戦闘能力を察知する能力を修行によって身につけます。

 

要するにそういうことです(笑

 

英語という他言語習得の難易度をいかに正確に推し量ることができるか?そしてそれができれば

 

「こんなやり方しててもダメだ。こうしないとまず覚えられない。」といった思考回路に勝手につながります。

 

みなさんが英語をを学ぶ上で、単語を覚えるのも文法を覚えるのも大切ですが、まず大前提としてこういうことに考えを巡らせてみてはいかがでしょうか?

その上で自分にできる最適な方法を実践してみてください。

 

残念ながら地球には正確に英語の学習難易度を測るスカウターはないでしょう。

 

なので、相手の気を肌で感じて力量を測る地球の戦士たちの様に、みなさんもなりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

あ、ありました。3000円くらいの様です!(笑

Published inHiro

2 Comments

  1. #97M #97M

    雨は夜更け過ぎーにー雪へと変わるだーろー♪やな

    しかし、年齢を重ねるごとにいろんな事忘れるのに英語が入ってこない、、、へへっ
    やっぱスカウター必要!(笑)

    • GLOBE GLOBE

      ああ、80年代ですね!(笑

      もう基本的にキャパオーバーなんでしょう。いっそ色々忘れてしまって、空容量作るほうが良いのかもしれませんぜ。パソコンの様に・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。