Skip to content

ぬねる

またもや千原ジュニアさんの話になりますが、番組で「ぬねる」という動詞を紹介していました。もちろんこれはジュニアさんの造語で辞書には載っていません。

「ぬ」

これは五十音順で「め」より先にあるが、それはおかしい。形を見たら分かるように「ぬ」は「め」をアレンジした文字だから。


「ね」

これも「れ」をアレンジした文字


「る」

これだって「ろ」をアレンジした文字なのに、五十音順で先にくる。

この「ぬ」「ね」「る」のように、「誰かを差し置いて」「図々しく前へ出る」を表す動詞として「ぬねる」。

・タクシーを待っていたのに、後から来た人が手を挙げて先に捕まえる

・病院のエレベーターで自分が先に乗ってたのに、後から乗ってきた人が先に降りて受け付けを済ませる

「ぬねってるな~」

よくこんな事を思いつきますよね。天才的発想です。

そんな中で観たのが、TEDの「さぁ、新しい言葉を作りだそう!」

https://www.ted.com/talks/erin_mckean_go_ahead_make_up_new_words?language=ja

辞書編纂者のエリンさんは、「文法に従って新しい言葉を生み出さないことは愚かなこと。自分の意思を伝えるチャンスが増える」と言っています。

今辞書に載ってる言葉に縛られる事なく、どんどん新しい言葉を生み出していっていいのかも?!

Published inTakeshi

2 Comments

  1. 匿名 匿名

    ひらがなの成り立ちを知らないのかもしれないですね。
    ぬ→奴を崩してできた。「め」をアレンジしてできたのではない。
    ね→根を崩してできた。「れ」をアレンジしてできたのではない。
    る→留を崩してできた。「ろ」をアレンジしてできたのではない。

    ただ、(暗黙の)順番を守らない人がいて困惑したという話はすごく共感できました。ジュニアさんはけっこう道徳心のあるちゃんとした人なんだなーと思いました。

  2. 匿名 匿名

    「いろは」順だと「め」より「ぬ」が先だし、「ね」より「わ」が先。
    確かに「あいうえお」順だと疑問だが、「いろは」順だと疑問が解消される。
    どっちが古いのかは知らないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。