Skip to content

Only with the Heart

こんなお話があります。

There was a blind girl who hated herself just because she was blind. She hated everyone, except her loving boyfriend. He was always there for her. She said that if she could only see the world, she would marry her boyfriend.

One day, someone donated a pair of eyes to her and then she could see everything, including her boyfriend. Her boyfriend asked her,

 

“Now that you can see the world, will you marry me?”

 

The girl was shocked when she saw that her boyfriend was blind too, and refused to marry him. Her boyfriend walked away in tears, and later wrote a letter to her saying:

 

“Just take care of my eyes, dear.”

かなりショッキングな結末です。6年ほど前に紹介した話ですが、現代人にとってはとても大事なメッセージが込められているのではないでしょうか?

目が見えるようになることで、本当に大切なことが見えなくなったんですね。

何という皮肉でしょうか?

星の王子さまも言ってます。

“It is only with the heart that one can see rightly; what is essential is invisible to the eye.”

心でしかものごとを正しく見れないんだ。大切なものは目に見えないからね。

みんなが目に見えるものに惑わされて、本当に大切なものがどんどん見なくなって、本当は大切でないものを大切だと思えば思うほど、幸せを感じられなくなっていくのかなぁ、とそんなことを考えさせられました。

皆さんはどう思いますか?

年末年始、クリスマスシーズンで浮かれ気味な僕の気もひとつ締め直して、今年も最後までしっかり頑張ろうと思います!

Published inHiro

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。