Skip to content

破壊→再生

「筋肉を太くする為には、筋肉に損傷を与える必要がある」

今「体の作り方」という本を読んでいて、筋肉は「破壊→再生」で大きくなる、そして筋肉に損傷を与えたら修復する為に休息が必要と書いてあります。

これは言語にも言えるんじゃないかと思うんです。猛勉強、猛練習で脳にとことん損傷を与えて、その後休息をとる。

こういう経験ないですか?

必死で練習してるのに一向にうまくならない。逆に下手くそになってる気がする。でも数日ブレイクを入れたら、なんかコツを掴めていた。(もちろん単なるマグレもあります)。これは英語筋肉がついてる証拠。


「破壊→再生」

オーバーワークにならないように気をつけて、やる時はやる、抜く時は抜く、そうやってメリハリを付けてトレーニングする事が語学でも大切です。

もうね、大して食べてもないのに贅肉がつく年齢になりましたよ。そのうち、何も食べてないのに太っていくという時期も来るでしょう。

自分を痛めつけるSっ気

それを喜ぶMっ気

自分の中にSとMを共存させましょう!

Published inTakeshi

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。