Skip to content

work–life balance

GLOBEのクレイジージャーニーヒロが島耕作を元にブログを書いていましたね。

 

「労働に対しての価値観の違い」

 

その違いでよく引き合いに出される国がドイツかと思います。僕の姉夫婦はドイツに住んでいるんですが、労働環境の話を聞いていたらビックリしますよ。

 

・年30日の有給。取得率ほぼ100%

・1日10時間以上の労働は法律違反

・誰かが残業すると、その上司が無能と評価

・もし残業した場合は銀行口座のように貯めて、有給休暇などに振り替えられる

・金曜は15時頃が帰宅ラッシュ

 

確かに姉夫婦はいっつもどこかに旅行してるし、しょっちゅう日本に帰ってくるし、「あ~来月休み取らないと怒られる~」みたいな事も言っていました。。それでいて1人当たりのGDP(国内総生産)は日本人より上回っているわけですから、なんじゃそら!?と言いたくもなります。

 

BMW

ベンツ

アディダス

ポルシェ

アウディ

 

名だたるブランドがドイツ生まれですが、その中でスポーツメーカーのPUMAもその一つ。その社長さんがインタビューでこう言っていました

 

「この労働環境を実現する為に、ブランド力をあげ効率的に利益を上げる努力をしている。そうすれば少ない労働時間でも利益を獲得でき、社員の幸福度につながる」

 

つまりブランドの価値を上げる→価格を上げることで、安定した利益のある企業を目指していていて、薄利多売なんてそんな非効率なビジネスは興味ないよ!ってことです。

 

一度ドイツ人の義理兄に聞いた事があります。

「給料は良いけど辛くてきつい仕事。給料は良くないけど楽しい仕事。どっちをとる?」

すると不思議そうに僕の顔を見て

「何を言ってるんだタケシ。給料も良くて楽しい仕事に決まってるだろ。すべては交渉次第だよ」

と言って、美味しそうにワインを飲んだあの顔が忘れられません。


ワーク・ライフ・バランス(英: work–life balance)「仕事と生活の調和」

 

そんな言葉をよく聞く昨今ですが、皆さんはどんなバランスが探求していますか?

ただドイツ人は限られた時間内で競合に勝たないといけない為、仕事中の集中力は半端ないようです。

Published inTakeshi

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。