Skip to content

boarding school

僕は中学、高校の6年間、日本の“boarding school”に行ってました。boarding schoolとは“全寮制”のことです。僕はまるで刑○所かのような、とてつもなく厳しい寮で10代を過ごしたんです。

 

朝6時の起床後はグランドへ直行→トレーニング→ランニング

中1は黒シャツ、黒靴下禁止

中1はシャワーとバスタオル禁止

点呼に遅刻すると、月1回の外出日が消滅

布団を畳み忘れると、寮係からの鉄拳

 

数えればキリがないですが、そんな理不尽な環境で青春時代を送りました。

さすがに今の時代ではありえないので、現在はかなり自由な寮になってるようです。当然といえば当然ですが。

そんな普通の学生とは幾分違う学生生活で得れたことは何かと考えると、まず一生の友人。24時間生活を共にした絆は、未だに本当に濃くて強い。

そして何より許容力と適応力かもしれません。

イギリス留学中もいろんな理不尽がありましたが、あの寮生活に比べればかわいいもので、それを楽しむ余裕すらありました。それは英語力アップにも大きな影響があったはずです。海外に住みながら自国の価値観から抜けだせない奴に成長はありませんから。

また、フラット(アパート)の大家さんに寮生活をしていた事がすぐばれました。どうやら食器の洗い方や片付け方をみると、寮生活経験者はすぐ分かるようです。

もちろん限度がありますが、集団生活の経験は社会で役立つことが多く、忍耐力も育まれます。今の時代なら尚更、海外で多国籍の人間と一緒に寮生活を送ることができれば、人生の大きなアドバンテージなるはずです。

みなさんも、お子さんにそんな経験をさせてみてはどうですか?

Published inTakeshi

2 Comments

  1. #97M #97M

    苦労を共にすると繋がりが強くなるよね
    あたし、8年ほど前webデザインの職業訓練行ってたんやけど、それが過酷でさぁ
    基本のadobeソフトの使い方から始まり、最終的にある施設のwebサイトを作ってプレゼンするまでを3ヶ月でやるってゆー無謀な訓練やってんけど、みんな必死でやってる内にめちゃ仲良くなってさぁ
    今でもちょくちょく会うよ、中には仕事一緒にやってる仲間もいるしね
    訓練的にはHTMLもきちんと組めないで終わったけど、色々触発されるいい仲間が出来た

    • GLOBE GLOBE

      ほんと長さじゃなくて濃さですよね。良いことも悪いことも一緒に経験した仲間との絆は強固。大人になるとなかなかそういう誰かとガムシャラに何かを目指すという経験が少なくなりますが、いつまでも向上心を持って時にくすぶりながら成長したいものです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。