Skip to content

This Seat Is Taken

さあ、今の所ブラックは望み薄か?なおさんの最後の希望、ネイビーの追い上げはあるのか?

おはようございます!

How are you guys doing?  Let me guess.

Busy?

 

日本人は「忙しい」が口癖ですよね。僕も何かにつけていってるような気がします。忙しい生活は充実もある中で、手からどんどん溢れていくものもありますよね。

 

こんな話を聞きました。

トムというあるアメリカの学生がいつも隣に座っている英語がうまく話せいない外国人留学生に少々イライラしていました。

 

その外国人留学生はいつもトムより先に来ていて、いつもトムの座る席に自分の荷物を山積みにおいています。トムはいつも同じ席にすわるので、毎回トムが来ると、「やあトム!」と言って急いで荷物を片し、ハイタッチをしてくる陽気な男でした。

 

 

トムからすると、「なんで毎回ここに座るってわかってるのに荷物置くんだよ・・・」とイライラが募っていました。

 

ある日トムが遅刻をし、いつもの教室に入る前に急用のメールを携帯で送っていると、いつもの様に留学生がトムの席の隣にいて、荷物を山積みにしているのが見えました。

するとそこに別の学生が来て、トムの席に座ろうとしました。そしてその時その留学生はこう言いました。

 

「ごめんよ、ここは僕の友達のトーマスが座ってるんだ。」

 

その時初めてトムは気付いたのです。

 

彼がずっとトムのために席を取っていてくれたことに。

 

さて、こんなの気付くだろう!と思う人もいるかもしれません。でもいろんなことが彼の目を曇らせていたんだと思います。

 

彼が外国人だということ。

彼が英語をうまくしゃべれないということ。

そしてトム自身が自分のことしか考えれないほど忙しく余裕がなかったのかもしれません。

 

The moral of the story?

何が言いたいかって?

 

あなたにとって大切なこと、ちゃんと見えてますか?聞こえてますか?

ってことですね!日々に追われて、めまぐるしくいろんなことが起こる時間の中で、優先順位がいつもブレない様に時々止まって深呼吸して、ぐるっと周りを見渡す時間を持つことも大切だなとそう思わされるお話でした。

 

この話は実際にトムという人の実体験で、彼はツイッターにこの話をあげ、最後にこう言っています。

 

自分のことばっかり考えて、俺と同じ間違いを起こさないでくれ。

彼はただ友達でいてくれようとしたのに、それに気づくのに一学期まるまるかかってしまった。

まあ、気づいただけでもましか。

 

要するにこれはトムにとっては大切なことだったんですね。にもかかわらず彼はそれに気づくのに随分と時間がかかったんです。

もちろんこれを大切だとは思わない人もいるでしょう。「なんだよ。余計なお世話だよ。」と思う人もいるでしょう。

 

だけどもしそれがあなたにとって大切なことで、でも気づけてないのであれば、そんな大切なことが見えないほど余裕がないのかもしれませんね!

 

Stop for a moment, relax, and take a deep breath before you start your day!

 

英語の記事なので、是非勉強用に読んでみてください!

Guy Pissed Off With Immigrant Who Could Barely Speak English Left Speechless After Unexpected Incident In Class

Published inHiro

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。