Skip to content

九死に一生

さあ、あっっっっっっっっっっと言う間にゴールデンウィークは過ぎ去って行きましたね!

 

GLOBEも今日から元気に開校です!

 

皆さんはゴールデンウィークどうお過ごしですか?まだ今日まで休みな人は多いでしょう。新宿校マネージャーのタケシはタイに行っていたそうですね。

僕もタイには一度行ったことがあります。パンガン島という離島で開催される「Full Moon Party」(満月の夜に行われるパーティ)に行ったことがあります。

まさに浮世の世界。まあ人生で一度くらいはこういう経験をしてみてもいいかと思うくらい強烈な記憶となりましたが、Best Friends達と、20代前半に行ったこの旅は一生の思い出になるものでした。

 

人生は冒険だ。

 

こんな言葉を生涯大切にするのも、悪くないと思いませんか?

 

というのは僕の平和なタイ旅行の思い出ですが、その数年後にちょうどスマトラ沖大地震で、九死に一生を得た友達がいます。

ピピ島行きの船に乗った友達は、到着した時にみんなが降りるまでゆっくり待って降りようとのんびりしていたら、乗客が全員降りたと思い船は元来た道を戻り始めました。そしてその後地震が発生したのですが、すでに沖合にいたため友人は津波の影響を受けずに生き残ることができました。

 

逆に無事にピピ島に上陸した乗客達は津波に襲われ多くの人が命を失いました。

 

その友人もたくさんの人が流されてくるのを実際に目の当たりにしたそうです。

 

その時船を降りて命を落とした人たちと、たまたま降りることができなくて、九死に一生を得た友人の差は何か?

 

そんなものはないんだと思います。誰にでもいつどんな時でも起こりえることだと思います。

 

もしかしたら、みんなそんなギリギリの運命の狭間の中で生きてるのかもしれませんね。ならば、どんな時間でも一所懸命生きて、その瞬間に自信を持って、自分自身で運命を切り開いていくしかないんだろう、そう思いました。

 

ドラマチックになってしまいましたが、まあ何が言いたいかというと、何が起こるかわからない人生、日々に悔いのないように精一杯生きていきましょうねと、そういうことです。

 

みなさん、また今日から1日1日しっかり頑張りましょう!

 

Published inHiro

2 Comments

  1. Nobuko Nobuko

    色々あるものですね。
    それに近い出来事には遭ったことありますが…
    私は、被害を受けた人や流される人などを間近では見ていないので〜
    そんなに実感はないのかも知れません。
    ただ、今日が最後になるかも知れないと思って、日々生きようと思ってます。
    ついつい怠けてしまいますが、今を生きることに頑張ります。

    • GLOBE GLOBE

      こんにちは、のぶこさん!

      そうですよね。ついつい怠けてしまう気持ちわかります。
      でも「もし・・・?」というのが頭の片隅にいつもあれば、大事なことの優先順位を間違えずに生きていきやすいと思います。

      それでも気を抜いてしまうことはありますが・・・・(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。