Skip to content

Who Is Your Favorite?

先日の予防接種について書いたブログにコメントを頂いてたので返してたんですが、そういえば

 

1000円札の野口英世さんは確か黄熱病の病原体発見のために生涯を捧げたんじゃなかったっけ?

 

と思い出し調べてみました。

世界で活躍した細菌学者で、3度ノーベル賞候補に上がる。

アフリカでの黄熱病の研究中に自身も黄熱病にかかって他界。

 

実際には彼の黄熱病の研究は失敗に終わっていたようですが、生涯を捧げたその功績が称えられたということです。

せっかくなので他のお札も見てみましょう。

 

10000円札の福澤諭吉

・「学問のすゝめ」の著者
・慶應義塾創始者
・海外に行き西洋文化を日本に持ち込んだ人

 

などなど輝かしい功績です。

 

有名な言葉としては、

 

「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」

 

ですね。ですが、本当はこの後に続くメッセージとしては、

 

「でも勉強する人はお金持ちになれるけど、勉強しない人は貧乏のままだよ」

 

というその後訪れる資本主義社会での厳しい現実を説いているようです。だからこその「学問のすゝめ」なんですね・・・

 

そして、今でも僕の中で謎なのが、

 

5000円札の誰でしたっけ・・・?

 

あ、樋口一葉さんでしたね。

 

 

・日本初の女流作家
・日本の近代文学史に残る作品を残す(たけくらべ、大つごもり等)
・女性の地位向上に大きな影響を与える

 

結核を患い24歳という若さで他界しましたが、この世を去る前の14ヶ月という短い間に素晴らしい作品をいくつか残し、その期間のことを人は「奇跡の14ヶ月」と呼んでいるそうです。

 

元千円札の夏目漱石さんとの縁談もあったとか・・・。

 

高知が誇る坂本龍馬が5万円札になるという話が数年前に上がりましたが、そういえばどうなったんでしょう・・・

 

ぜひ先生たちにも教えてあげてください!

 

そして、皆さんなら次誰を推しますか?
Published inHiro

2 Comments

  1. Keiko Keiko

    将来、お札の顔として載るかどうかは別にして、自らの人生を掛けて人助けのために、海外で活躍されている日本人は結構いて、あまり知られていないことも多いと思います。数年前に、NHKのドキュメンタリー番組を観て、初めて存在を知った、中村哲さんというお医者さんがいらっしゃるのですが、この方、本業の医師ではなく、土木開発によって命を救おうとしている方です。ご存知でしょうか。

    https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/20/2259544/index.html

    https://www.jica.go.jp/mobile/topics/2016/20160720_01.html

    著作権的には問題ありだとは思うのですが、「アフガニスタン、灌漑、中村哲」というキーワードで調べると、You○ubeに番組の動画(恐らく、フルバージョンではない)が出てくるので、もし興味があったら、、、

    • Hiro Hiro

      Youtubeでのドキュメンタリー見ました。

      正直全然知りませんでした。いったい中村さんは今までと今と、そしてこれからどれだけの人の生活と命を救うんでしょう?

      持続可能なという意味の

      Sustainable

      これはいろいろある支援でも本当に大切な要素ですね。

      中村さんの「永久支援のために」は日本国内のお札なんかに乗らなくてもきっと世界が認める素晴らしい人物として歴史に名を刻んでいくことでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。