Skip to content

ヒロの旅行記 其の四

さてトイレから無事生還したヒロですが、調子が出てきたのでしょう、ここから更に悲劇は加速していきます。

 

最終日を無事終え、みんなとのお別れも済ませ、翌日朝4:30の空港行きのバスに乗る為にホテルで荷造りの最終チェックをし、寝過ごすことのないように寝ずに静かにその時を待っていました。

地元民からもその時間帯ならUberがいいよと聞いていたので、3:30頃にUberのアプリを起動。

数台の車が付近にいるのを確認し、配車手配をすると客からの評判もいいクラウジオさんが向かっているとのこと。

居候させてもらっていた友達もわさわざ起きて二人で クラウジオさんが近づいてくるのをじっと眺めていました。

 

すると残り時間10分ほどのところで、クラウジオさんの車が地図から消えたではありませんか・・・!

 

???

 

となった二人ですが、すぐにメッセージがでて、「運転手の都合でキャンセルとなりました。」とのこと。

 

その時点ですでに3:50。そのほかの車も10-15分待ちで、しかもまたドタキャンされたらまずいということになり、荷物を持って下へ。ホテル(Air BnB)のロビーに24時間体制でセキュリティの人がいるので、タクシーを呼んでもらえないか聞いてみると、

 

お金払ってないから携帯使えないとのこと・・・

 

もはや流しのタクシーしかない!となり外に出てみるも、車一台走っていない静かな夜。

 

友達も自分のことのようにどんどん焦るなか、通りかかったパトカーを止めてタクシーを捕まえれるところがないか聞いてみるもかなりざっくりとした説明で結局たどり着けず、

 

スーツケースを押しながら深夜のブラジルを走る日本人二人・・・

 

もうこの時点で、4:30のバスには乗れないことが判明していたので、望みはフライト1時間前に着くバスのみ。走って走って見つけた24時間営業のドラッグストアに着く頃には土砂降りの雨(笑

 

自分で書いてて盛ってるんじゃないの?と思うくらいですが、全て事実です(笑

 

なんとかそこのドラッグストアにタクシーを呼んでもらえることになり、やっとの想いでバス停までたどり着くことができました。

そして後は定刻通りについてくれるのを願うのみ・・・

 

全く寝てなかったのもあり、バスに乗ったらすぐにウトウトと眠りに落ちていきました。

 

そして約1時間後に目を覚まし窓の外を見ると、

大渋滞(笑

 

もうそうなるしかないという流れだったんでしょうか・・・ですがもうすぐ空港というところでの渋滞で、なんとか15分遅れで到着。そこから走って荷物のチェックインして、ゲートまで行くも、チケットに書かれたゲートとは別の場所だと知らされまた走る・・・

 

 

もうええわ〜(笑

 

それでもなんとか乗ることができやっと家族と再会できましたとさ!

しばらくゆっくり休みます!(笑

Published inHiro

4 Comments

  1. Keiko Keiko

    ヒロさん、お疲れ様でした。
    かなりモッテル、モテる?いや、持ってる男ですね(^^;;
    先進国以外の国に行く時は、いつもより最低2、3時間余裕をもって行動しなきゃいけないな、と思いました。良いクリスマスを♬

    • GLOBE GLOBE

      そうなんですよー!どうやらもってるんです!(笑
      一旅一回くらいんでいいんですけどね・・・

      Merry christmas to you and your family too!

  2. #97 #97

    ひゃっほ~!いいぞ~!

    • GLOBE GLOBE

      ご期待は決して裏切らないヒロですから!(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。