Skip to content

パサパサ・・食感は英語で?

こんにちは!福岡PARCO校のサユリです!

もう年末ですね・・・

クリスマスのコンサートは・・!今年の弾き納めは12/25となりました。

今日は。

最近、自分もしっかり身につけたいな〜と思っていた「食感」について。

私はよく食感で食べ物を選ぶ傾向にあります。パサパサ〜とか、ネバネバ〜とか

ネバネバほどではないけどネチョネチョ〜とか英語でもっと微妙なニュアンスを表現出来たらなと

思って、ブログに残そうかと思います。

 

食感は英語で、texture

 

ねばねば:stickey

粘着質の:glutinous (類義語:gummy, gluey)

ベタつく:gooey

わらび餅を外国人にあげた事があって、その時その外国人が

glutinous!!と言っていた事から、後で調べると確かにstickeyよりも固めだから

glutinousが正しいな・・と思い、よく覚えています(笑)

日本語に訳すと分かりづらいニュアンスも一語一語画像で調べてみると

全然違うから驚きます。

 

パサパサ:dry

サクサク:crumbly

(ドライフルーツのように)乾燥した:dried out

パリッとした:crisp

バリバり(噛みごたえのある):crunchy

具材いっぱいの、ゴロゴロ入った:chunky

パサパサって何て説明したらいい?と生徒から質問がありdryと説明しました。

もっとありそうな気がして調べるとcrumblyもありました。

私はchunkyとcrunchyも形が似ていてよく間違えていました。

オーストラリアではchunky steak のmeat pieがあるのですがホロホロしたお肉や具材が

ゴロゴロ入っています。crunchyはバリバリ、ボリボリ、噛んで食べるイメージです。

 

ふわふわした:fluffy

もちもち、噛み応えのある:chewy

ドロドロ、トロトロ:mushy

なめらかな:smooth

ふわふわ、は食感だけでなくフワフワした物にも言えます。

mushyも、mushed potatoでおなじみのワードです。つぶしたような食べ物に

つかいます。

“It’s so fluffy !!!!!”(めっちゃふわふわぁ!) -despicable me 3(ミニオンの映画)より

 

他にも色々な言い方があります。「食感」「人の性格を表す形容詞」など何かテーマを決めて

調べてみると、違う角度から語彙力がつくと思います。

 

それでは、次回は年明けになりますので、みなさん良いお年をお過ごしください!!

年越しはシドニーで過ごします。福岡の生徒さんにはお土産を買ってきます💖

サユリ

Published inSayuri

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。