Skip to content

Summer Time Blues

Happy Sunday, everyone!

 

高知は平和です。やっぱり落ち着きますね!

さてやっとブラジルモード、年末年始モードが抜けたヒロですが、皆さんの2019年のスタートはどういうものになったでしょうか?

息子はどうやら時差ぼけのようで、帰ってきて以来毎朝4時に起きて元気に遊んでおります(笑

 

He’s completely jet-lagged!!

 

思えば僕がカナダに初めて行った18歳。1週間くらいは時差ぼけに悩まされたと記憶しています。

時差17時間の初めての海外。

6月末のカナダはサマータイム真っ只中で、日がくれるのは夜の9時過ぎ。

日中に眠くなり寝てしまい、夜に目が覚めたと思っても外は明るいまま・・・

僕は時計を所有しておらず、家にもどこにも時計がない・・・

 

頭おかしくなるかと思いました(笑

 

ということで、すぐに時計を買おうと慣れないバスで、慣れない街に出るもトラベラーズチェック使えんやん・・・

どこでも使えるっていうてたやん!

まあ1999年の話ですよ。

 

思えばこの頃からヒロの旅は波乱万丈だったようです。

 

ちなみにブラジルもサマータイムあります。ただし、州によって違うので、僕が最初にいたサンパウロはありで、奥さんの出身であるレシフェは無しです。

 

めっちゃややこしいです、これ。

 

ただ理解はできます。サマータイムっていうのは夏の温暖な気候をできるだけ長く楽しもうという試み。

普段なら7時には暗くなるところを1時間ずらすことによって8時まで明るいということです。バンクーバーなんかは夏がカラッとしていて、暑くなく、寒くない最高の気候なので、できるだけ日が長い方が圧倒的に楽しいのです!夕方5時とかでもこんな感じです。

 

 

ですが、ブラジル北東部にあるレシフェの方なんかは、何せ赤道により近いので、とにかく暑いのです。年がら年中暑いのです。

 

夏に昼間が1時間長くなってもらわれると困るんです!!!!!

 

面白いですよね(笑 ブラジルもでかいですから、南北に。南の方は南極に近いので寒いんですよ、ブラジルでも!

 

 

ただ、レシフェーサンパウロ間を移動していた僕にとっては色々とややこしかったなぁ・・・(笑

 

ということで、日本でのサマータイム導入皆さんは賛成ですか?反対ですか?

 

 

僕は・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

反対です!!(笑

Published inHiro

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。