Skip to content

側坐核とやる気

はい、日曜日です!

西日本は概ね晴れるようですね!ずれ込んだ分梅雨明けは7月下旬とのことですが、個人的には暑い夏でも夏らしい暑さを楽しめるのが7月と思っているので、残念!!

 

ですが、きっと大阪のBBQイベントはきっといい天気になることでしょう!タイミングよく大阪にいたら福岡の生徒さんも東京の生徒さんも是非ご参加ください!

 

さて皆さん、脳の部位で

側坐核(そくざかく)

 

という部分を知っていますか?僕は知りませんでした(笑

ですがこの「側坐核」は刺激されると意欲を湧かせる神経伝達物質

 

ドーパミン

 

を放出するようです。ではどうすれば側坐核を刺激することができるのか?その答えは

とにかく作業を始めること

 

だそうです。

 

側坐核は手足を動かすなのどの運動、あるいは多少でも脳を働かせることなどで刺激されます。

 

そう、始める前からやる気が出るというのは稀な状態。こんな話前にも書きましたね。

 

車はエンジンをかけなければエンジンは温まることはありません。まず一番大事なことはエンジンをかけてあげること。そうすれば少しずつエンジンが温まり、100kmで走り続けることもできるわけです。燃料が続く限り。

 

めんどくさくて何もしたくない。何もする気にならない。そう思う時も人間ですからありますよね。でもその状態が長く続くこともあるかもしれません。そして、いつかやる気になったらと考えていたら、長い時間が経ってしまっていたということ皆さんも少なからず経験あるのではないでしょうか?

 

僕はあります(笑

 

なので、

 

やる気が出るまで待っていてもやる気はやってこない。動き出してはじめてやる気はやってくる。

 

と思って、とにかく動き出しましょう!

 

まあ今日は日曜なんでゆっくりしてもいいですけど!

 

Published inHiro

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。