Skip to content

16 or 1??

昨日の問題ですが、

Gone viral

 

してるようです。これは日本語で「バズる」という意味ですね。「Virus = ウィルス」のように急速に広がるところから来ています。

さて、なぜバズってるのか?これは多くの人が

1

16

で議論を繰り広げているからです。

 

1の人は

8 ÷ 2 (2 + 2)

8 ÷ 2 (4)

8 ÷ 8 = 1

 

という計算をしていて、16の人は

8 ÷ 2 (2 + 2)

8 ÷ 2 (4)

4 (4) = 16

 

という計算をしているのです。ちなみに僕の答えは16でした。

 

ではどっちが正解か?

 

現代の数学のルールでは後者の

 

16

 

が正解なんだそうです。これは演算の順序、「Order of Operation」を見ればわかるということなので見てみましょう!

 

PEMDAS

P = Parenthesis(かっこ)

E = Exponents(指数)

MD = Multiplication / Division *from left to right(掛け算/割り算 *左から右へ)

AS = Addition / Subtraction *from left to right(足し算/引き算 *左から右へ)

 

これが現代の演算の順序です!!なのでここが分かれ道ということですね。

 

8 ÷ 2 (4)

 

掛け算と割り算は同等で左から順に解いていくわけなので、

 

8 ÷ 2 = 4

4 x 4 = 16

 

となります!いやーこれで決着なんですが、なぜこれがこんなにバズっているかというと、実は100年前なら

 

1

 

が正しい答えだったからなのです!!!なかなか面白いと思いませんか?

 

Fascinating!!

 

100年前がどうだったか知りたい人は是非この動画をご覧ください!ちなみに

PEMDASというのはアメリカ式でイギリスはBODMASと言うそうです。

Parenthesis → Brackets

Exponents → Order

カナダやニュージランドではBEDMASと言います!

 

 

Published inHiro

2 Comments

  1. Keiko Keiko

    おーなるほど。
    四則演算では、×と÷は同義なので、+や−に先行して計算しなくちゃいけないけれど、パッと見た目、2(2+2)という纏まりになっているから、こちらから計算しなくちゃっていう錯覚に陥るんですね(^^;;
    こりゃ、中学入試に出そうだな。

    • GLOBE GLOBE

      おもしろいですよねー!
      紀元前からあるものが今の時代になってもこんな風に議論を巻き起こすのを見てると、いろんな法則や決まりごとは結局人が作ったものもいっぱいあって、その上に成り立っているって考えるとなんか一気に不安になってきませんか?w

      だって1と16、すごい違いますよ!!

      言語の文法なんかも後付けですしね。

      とりあえずis am areとdoとかdoesとか昔は分けないといけなかったけど、今はそんなことないよーなんて時代が早く来ないかなと思ってますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。