Skip to content

Pay Attention, guys!

やっぱり聞き流したって英語はできるようにならない!!!!

 

と思うことがまたありました。

 

聞く

 

ということを4つのレベルに分けるなら

 

レベル1 : 聞き流す:0%

レベル2 : なんとなく聞きながす:30%

レベル3 : なんとなく聞く:60%

レベル4 : ちゃんと聞く:100%

 

パーセンテージは聞いていることに対する意識のレベルです。

 

最近仕事が忙しい時に奥さんが話しをすると、ながらで聞いてることが多々あるんですけど、後で

 

あ、全然ちゃんと聞けてなかった・・・。

 

となることが多いです。なんのトピックかはわかっていても詳細が聞けてない。聞けてるつもりで聞けてない。

 

レベルとしては2とか3ですね。

 

例えばこんな文章があったとします。

 

We should look into how much the tickets cost for the Olympic games.

 

レベル3で聞いた場合、

 

We should look into how much the tickets cost for the Olympic games.

 

この辺がぼやっとしか聞けてないと思います。でも全体の意味としては理解できるので、会話は進んでいきます。

 

これをレベル4で聞いた場合、「into」や「for the」も聞こうとする意識が働くので、全部聞気取れる可能性がグンと上がります。そしてなぜそうするかというと、

 

自分がその熟語なり、表現なりを使えるようになるためですね!

 

生活を共にしているとやっぱりレベル3程度で聞いてることも多々あります。だからいつもいざ自分がある表現を使うとなった時に、

 

「of」だったかな?

いや、「with」だったかな?

 

なんて迷って、結局間違えるということが多々多々あります。そして、その時点で確認せずにそのままずるずる覚えられないままということも・・・

 

ということなので、

 

聞き流して多言語が喋れるようになるわけはないんです!!!

 

GLOBEのレッスン50分やった後に「どっと疲れた・・・」となるくらい集中しましょう!

Published inHiro

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。