Skip to content

Be more with less

さあ!Mexican Fisherman Storyの訳です!

 

何年も前に見た話で今にも印象に残っているこのお話。

 

なんのために毎日忙しく働いてるのか?

本当に大切なことは目の前にあって、でも近すぎて見えないだけなのかもしれません。

他のいろんなものに気を取られがちな世の中です。

 

それではどうぞ!

 

アメリカ人の投資家は、海岸沿いのある小さなメキシコの村の桟橋でたった一人の漁師を乗せた小さな船が停泊するのをみた。

その船には大きなキハダがいくつか乗っていた。投資家はその素晴らしさを褒め、取るのにどのくらい時間がかかったかを聞いた。

 

メキシコ人の漁師は「少しだけさ。」と答えた。

 

アメリカ人はなぜもっと長い間漁をして、たくさん魚を取らないのかを聞いたが、メキシコ人は今家族を食べさせていくのには十分な量だと答えた。

そしてアメリカ人はこう聞いた。

 

「なら残りの時間、君は一体何をしてるんだい?」

 

メキシコ人はこう言った。

 

「ゆっくり寝て、少しだけ漁をして、子供達と遊び、妻のマリアと昼寝をする。夕方街に出てワインを飲みながら友達とギターを弾くんだ。こう見えても結構忙しい毎日さ。」

 

アメリカ人は馬鹿にしたように笑いこう言った。

 

「僕はハーバードでMBAをとってる。アドバイスをしてあげるよ。」

「君はもっと長い時間漁に出るべきだ。そして魚を売った金でもっと大きな船を買うんだ。大きな船で漁獲量が増えたらそのお金で大きな船をもう何隻か買う。最終的には君は大船団をもつことになる。

 

そしたら君は仲介人に魚を売るのではなく直接加工業者に売るんだ。その後は自分の缶詰工場を建てて君は自分で生産、加工、流通をコントロールするんだ。

 

そしたらもうこの小さな村から出て、メキシコシティに引っ越さないといけないな。そしてその後はLA、最後はニューヨークで君はこの成長し続ける大企業を運営するんだ。」

 

メキシコ人の漁師は聞いた。

 

「それは一体どのくらい時間がかかるんだい?」

 

アメリカ人は

 

「15〜20年くらいかな。」

 

と答えた。そこでメキシコ人はこう聞いた。

 

「でもその後はどうなるんだろう?」

 

アメリカ人は少し笑ってこういった。

 

「そこが一番いいところだ。時期が来たら君は会社を上場させる。株を売って大金持ち、億万長者さ!」

 

「億万長者か・・・でその後は?」

 

メキシコ人のその質問にアメリカ人はこう答えた。

 

「そしたらもう君は会社を引退して、小さな海岸沿いの漁師町に引っ越すんだ。そしてゆっくり寝て、少しだけ漁をして、子供達と遊び、妻と昼寝をする。夕方街に出てワインを飲みながら友達とギターを弾くんだ。」

Published inHiro

6 Comments

  1. 匿名 匿名

    答え合わせ出来て助かります。
    大まか合ってて嬉しかったです。

    • GLOBE GLOBE

      素晴らしい!
      これからもリーディング教材また見つけてシェアしますねー!

  2. JB JB

    良いか⁇悪いか⁇訳を読んでから本文に戻り読み直しました。長文読解が苦手で💦💦でも先に訳が分かっていると情景がイメージしやすく「なるほど」と深く理解できる気がするのです。ついでに音読もしちゃいました。ダメですかぁ⁇

    • GLOBE GLOBE

      音読は是非続けてください!
      僕はそれをやり続けて流暢さをゲットしました〜。

      長文読解も慣れなので、やりやすいやり方で徐々に苦手を克服していってください!

  3. Mayuko Mayuko

    英文で読んだときも思いましたが、これが必ずしも「良い」とされる考え方なのかな、と思ったので、私の訳がおかしいのかなとも考えましたがおおまかには合ってたので良かったです。

    ものの考え方、捉え方っていろんな善し悪しがあって考えさせられました。

    • GLOBE GLOBE

      そうですね、これが「良い」か「悪い」か?これは人それぞれだと思います。
      僕もこれが「すごく良い」と思っていた時期もありますが、今は「良い」くらいになってます(笑 またそのことについても書きたいなと思ってます。
      お楽しみに〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。