Skip to content

Virtual Insanity

Jamiroquai というミュージシャンをご存知ですか?
 
 
 
何度も来日していますし、90年代を代表する世界的なアーティストなので
 
きっと知っている方も多いでしょう。
 
 
イギリスのグループで
 
ジャンルはアシッドジャズやファンクなどといわれていますが
 
型に嵌らず、独創性のある音楽を30年近く世に発信し続けております。
 
 
代表曲に Virtual Insanity という曲があり
 
世界中の数多ある曲の中でも群を抜いてかっこいいのです。
 

(*個人の感想です。)

 

さて

 
タイトルの意味、わかりますか?
 
Virtual は 最近ではいろんなものをVR (Virtual Reality=仮想現実) で
 
体験できるようになったこともあり、聞き慣れているかもしれません。
 
日本語でも『ヴァーチャル』って言いますしね。
 
 
Insanity は英和で調べると
 
『狂気』などと出てきますが
 
(イギリスかぶれのわたしが使っている)英英辞書 Cambridge Dictionary によりますと
 

(Noun) An action that is stupid and likely to have extremely bad results
(名詞)愚かな、そして、著しくひどい結果を生み出し得る行動

 
形容詞である Insane の方がよく耳にするので、ついでにこちらも調べましょう。
 

(Adjective) Extremely unreasonable or stupid
(形容詞)非常に不合理な、もしくは、馬鹿げた

 
 
ふむふむ。
 
 
つまりこのタイトルは
 

『不合理に狂いゆく実体のない現実』

 
てな感じですかね。
 
・・・ちょっとポエマー過ぎましたか?笑
 
 
おもしろいのは1996年にリリースされた曲ですが
 
その20年後を予知していたの?という内容の歌詞。
 
 
わたし流に要約しますと
 
次から次へと出てくる新しい情報や技術に身を委ね
 
自ら判断することを怠り世の中の動きに流され
 
流されていることにすら気付いていない未来の自分たちへの警鐘
 
です。
 
 
 
と言っても
 
英語の文法的にはそんなに複雑ではないので
 
興味のある方はぜひ歌詞にも注目して聴いてみてください。
 

Published inMystery Tuesday

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。