Skip to content

MISERY

先日久しぶりに読書を始めたと言いましが、どっぷりはまっています(笑

暇を見つけては読んでます。お風呂の中でも読んでます。

所有している文庫本をかたっぱしから読んでるんですが、結構どんな話か覚えてないもんですね。

ということで2度目、3度目で楽しませてもらってます。

 

最近もっぱら読んでいるのは小説で、メジャーどころの東野圭吾、宮部みゆき、村上春樹あたりです。やっぱり人気作家だけあっても面白い・・・!

 

タケシは洋書にチャレンジしているそうですね。皆さんはどんな本が好きですか?

 

僕が初めて、学校の課題等を除いて、読んだ洋書は

 

Stephen King “Misery”

 

 

でした。なんでかと言われるとたまたまその時住んでるうちにあったから・・・・

だったと思います。(笑

 

スリラーというジャンルになるのでしょうか?人気流行作家が交通事故にあい、たまたま助けてくれたのが自称彼のナンバーワンファンという中年の女性。命を救ってくれ傷の手当てをしてくれる女性ですが、彼を監禁し返そうとしません。そして徐々に常軌を逸した行動にではじめる・・・

 

という人気作家が人気作家を題材にした長編小説です。

 

タケシも書いていましたが、わからない単語いーーーーーっぱい出てきました。

もちろん調べもしましたが、読んだのはかれこれ20年程前。表紙もまさに上の写真のまんまだったように覚えてます。

電子辞書はあったものの、もうキリがなくて文脈で意味を理解できそうなところは極力理解するように頑張ってみました。そうしない買ったら絶対途中で諦めてたと思います(笑

 

なので、ちゃんと理解できていない部分も絶対あったと思います。

 

ですが、僕にとって一番大事だったことは、

 

読みきったということ。

 

英語で小説一冊読みきって、ある程度理解して、面白い話だったと思えたことが何より次のへの自信につながりました。

読むということをさらに好きになったきっかけでもあるので、20年経った今でもよく覚えています。

 

きっとなんでもそうですよね。

 

最後までやりきる。

 

これはとても大切なことだと思います。終わりのないものもありますが、ある程度自分で決めた目標を達成するまで諦めずにやりきる。ダイエットでも、仕事でも、筋トレでも、英語学習でも、

 

英語学習でも、

 

英語学・・・・

 

 

なんでもです!(笑

 

月並みで、当たり前のことですが、だからこそ難しい。でも結局は色々失敗しながら、日々積み重ねて、目標を達成するということを何度も繰り返すことでしか得られない経験と知恵、そして自信というものがあるはずです。

 

もう今年も後少しですが、だからこそいい形で2019年終われるように皆さん、頑張ってくださいね!

 

ちなみにStephen Kingの作品の多くは映画化されていて、皆さんの知っているものも多いのでは?こんなのがあります!

The Shining

Stand By Me

The Shawshank Redemption

Pet Semetary

The Green Mile

Published inHiro

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。