Skip to content

Basilique Notre-Dame de Montréal

Good Morning!

つい最近学生ぶりにたこパをしたら思った以上に楽しくて、さらにたこ焼き器でお洒落にアヒージョなんかも楽しめる事にびっくり。大阪人なら一家に一台たこ焼き器があると言われていますが、九州出身の両親を持つ私のお家には残念ながらなく、友達に珍しいなって言われたことを思い出しました。笑

 

 

すんごく話は変わりますが…、

私の海外に行く時の一番の楽しみは、その国でしか見られない街並み建造物をたくさん見ることなので、とにかく旅行中朝から晩まで結構な距離を歩きます。そのおかげで、一回の旅行で平均2kgぐらいは痩せて帰って来るほど。笑

ご飯どうしてんの!?ってめっちゃ聞かれるんですけど、海外のスーパーも大好きなので、何か好きな物を適当に買ってそのまま公園で食べることがほどんど。日本では公園に行くことがないから、地元の人たちに紛れて過ごす時間がちょっとした幸せだったりもします…♪

そもそも私が建造物を好きになったのは、カナダ留学中に訪れたモントリオールの街がきっかけです。モントリオールには美しい有名な教会や大聖堂がたくさんあるのですが、その中でも圧倒的に美しいのが世界遺産にも登録されている”モントリオール・ノートルダム大聖堂”です!!

 

この聖堂はセリーヌ・ディオンが結婚式を挙げた場所としても有名なんですが、他にも魅力がいっぱい!!!

 

 

一日中美しい祭壇
綺麗なコバルトブルーの光に包まれた祭壇は幻想的で吸い込まれるような美しさです。

 

7000本ものパイプを使ったパイプオルガン
一番大きなパイプは10メートルもあり、毎日午後2時半から約1時間、このパイプオルガンの音色が教会中に鳴り響きます。

 

何と言っても美しいステンドグラス
聖書に登場する場面が描かれているだけではなく、ステンドグラスを通してモントリオールの歴史に触れることができます。

 

螺旋階段の装飾
3階まで繋がった木造螺旋階段や手すりなどが繊細で美しく、落ち着いた色味がより祭壇のコバルトブルーを際立たせます。

 

この数枚の写真だけでももうほんとーーーーに綺麗ですよね。
聖堂に入った瞬間祭壇があまりにも綺麗過ぎて、息を飲む美しさってこういうことかって感じたのを覚えています。この時から特にヨーロッパの建造物を見るのが大好きになり、海外旅行に行っては建造物を巡る日々を過ごしています。

 

カナダに行く機会があればモントリオールと、すぐ近くの小さな街ケベック・シティーもチャーミングでおすすめです♪フランス文化が残っていてほぼ全てがフランス語なので英語でのコミュニケーションは難しかったなーって記憶ですが…。

 

 

旅に食をそこまで求めていない私には、アジア圏はご飯を楽しむ場所って感じでまだあまり行けていないのですが、もしおすすめの建造物があれば是非教えてください*^^*

 

Published inMystery Tuesday

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。