Skip to content

歌うたいのEnzo

最近やっと2歳の長男が少しずつ喋るようになってきました。

やっぱ可愛いですね〜!

赤ちゃん言葉。赤ちゃんでもないのか?(笑

ラ行が言えないんです。ポルトガル語で「欲しい」は

Quero(ケロ)

っていうんですが、

ケオ

 

になります。「開けて」は

Abre(アブリ)

ですが、

アブイ

 

って言います(笑 これからどんどんボキャブラリー増えていくんだろうなぁ。楽しみです。

ですが長男歌が大好きで、ずーと一日中歌を歌ってるんですが、だいたいYoutubeでいわゆるメジャーな童謡のポルトガル語版を聞いててそれを覚えるみたいんなんです。でも歌詞の意味はわからないんでしょうけど、でもいつも映像で見てるので、状況に応じて上手く歌い分けてて、

 

こやつ、なかなかできる・・・!

 

と最近感心させられます。

 

例えば、

 

雨が降ってたら、

Rain rain go awayって歌い出します。歌うといってもだいぶ片言ですが。

 

 

川で魚を見ると、この歌。

 

 

動物の本を見ていて羊を見るとこの歌。

 

 

何かが落ちるとこの歌。

 

 

犬を見るとこの歌ですね。

 

 

といった具合です。我が息子ながらなかなかやりおると日々感動しています(笑

 

このような歌、いわゆる日本の「童謡」や「わらべ歌」のことを英語では

 

Nursery Rhymes

 

と言います。

Nursery:子供部屋、保育施設

Rhymes : 韻

という感じですね。韻を踏んだりして、言葉遊びが目的なものも多く、全然意味不明の歌もたくさんありますね。

まあ僕もたくさん覚えました。英語でもポルトガル語でも歌えるようになってますよ!

 

まあこの辺のメジャーどころのNursery Rhymesはみなさんも是非練習して覚えてください!友達の子供なんかと遊ぶんときに役立つかもですよ!

 

しかし「Humpty Dumpty」の意味不明さときたら・・・・!(笑

Published inHiro

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。