Skip to content

ヒロのカナダ留学期4 : 日本人の弱点

無事に学校に入学することができ、一週間のルーティーンができ始めました。

 

僕が最初に通っていた学校は

 

VCC

 

の愛称で呼ばれる、

Vancouver Community College

 

と呼ばれる学校で語学学校の役割だけでなく、現地のカナダ人もいろんな科目を勉強できるコミュニティカレッジで、町の少し外れにあるそれはそれは景色の美しい綺麗なキャンパスでした。

 

月曜日から木曜日まで、12:00-17:00のコースでした。

 

クラスメイトはコロンビア人やブラジル人と言った中南米系、中国人や韓国人といったアジア系、トルコ人などもいました。

 

クラスのレベルはと言うと、1番下のクラスだったので内容はまあ簡単だったんです。

 

でもここでやっぱり日本人の弱点が浮き彫りになりました。それは、

 

間違いを恐れずに積極的にコミュニケーションを取ろうとする姿勢が他国の人たちと比べて圧倒的に弱い。

 

と言うことでした。

 

「見」に入ると言いますか、頭で情報を整理したり、文法のことを考えたり、間違いを恐れたり、恥ずかしがったり、周りの反応を見たり、とにかく「頭より先に口が出る」と言う状況になりにくいと言う印象を受けました。これは自分も含めてですが。

 

南米なんかの人たちはガンガン発言します。多少文法が間違ってたりしてもお構い無しです。中国人や台湾人も負けず劣らずでした。韓国人は日本人と少し似てるところはありますが、それでも一般的には日本人より積極的だったと思います。まあ英語と比べた時の言語の優位性というものはあると思いますが、文化的な影響も強いんだと思います。

 

そんなこんなで本能的にそれに気づいたのか、僕は結構積極的に、アグレッシブにできるだけ攻めていくようになり、気がつけば最初の2ヶ月が終わってレベルチェックテストを受けた時に

 

Upper beginner

 

から、

 

Pre intermediate

 

を飛び越して、

 

Lower intermediate

 

にレベルアップすることができました!!

 

飛び級です、飛び級。

 

まあ、それでもみゆきやその他の日本人たちはそもそももっと上のクラスからスタートして僕よりも全然高いレベルで勉強してたので飛び級してもまだまだ下っ端でした(笑

 

それでも人生初めての本気の勉強。

 

その成果がしっかり出て少し自信がついたヒロは、留学の手応えを少し感じながらワクワクとドキドキを抑えることができないのでした。

 

To be continued…

   
GLOBE心斎橋校、心斎橋PARCOにオープン!
GLOBE ENGLISH SCHOOL

1日2レッスン、毎日受講可能で月々¥11800~
WEB : https://globeenglish.com

Published inHiro

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。