Skip to content

おいしい〜!

さて、長男の保育園が今月ついに始まりました!

 

慣らし保育も無事(?)終わりお盆明けから8:30 – 16:30のスケジュールで毎日元気に通っています。

ということなので、8時間という長い時間を保育園で過ごすこととなり、集団生活のなかどんどんいろんなことができるようになっていて正直毎日驚きの連続です。

そして個人的にもとて気になるのは言語のこと。以前も何度かこのブログに書きましたが、

 

親としてはポルトガル語と日本語の完全バイリンガルになれるような環境作りをしてあげることが大切だと思っています。

 

もちろん、家族や友達を大切にしたり、いつもリスペクトの気持ちを忘れない、諦めずに物事を頑張ったり、いろんなことに興味を持ち挑戦したり、謙虚であることであったりと、言語より大切なことはありますね。もちろんそこはデフォルトでしっかりおさえつつ、

 

完全バイリンガル

 

は絶対してあげたいと思っていることの1つです。

 

でもなにぶん初めてですし、周りを見渡していても成功例ってすごく少ないんですよね。例えば有名どころでいうと大坂なおみさんなんかは、完全に英語が母国語で日本語はあまり流暢でないですよね。彼女のような例は多いです。国際結婚すると自然と周りにも国際結婚家族が集まってきたりします。そしてやっぱりどちらかが強くどちらかが弱いというケースの方が多いです。

 

一体どれだけ難しいんだろう・・・・?

 

と最近は少々びびっております。

 

そんななか長男、ここ数日ちょこちょこ日本語が出てくるようになりました。

 

何かを食べた時に最初に出てくる言葉は、

 

おいしい〜

 

で奥さんと2人で

 

Gostoso

Delicia

 

だよ!と慌ててポルトガル語で喋るように促しています。

 

家の中ではポルトガル語

外では日本語

 

これが崩れていくと津波のように少しずつ堤防に穴を穿ち、最終的には堤防を破壊し、大波が押し寄せてくるんじゃないかとまあまあ危機感持って毎日を過ごしています。もちろん彼が日本語を覚えるのは大歓迎で、大切なことなんですが、圧倒的に日本語が強くなるとポルトガル語の習得が難しくなるはずです。

 

家で全く日本語使わないっていうのも難しいですよね。保育園から絵本の貸し出しなんかもありますし、家で読んであげたいですよね。友人や家族が来たら当然日本語を話しますし・・・

 

人生は挑戦の連続ですが、これはなかなか難易度の高い挑戦です。

 

ですがそこで燃えるのが私、ヒロでございます!(笑

 

このブログでもいい報告ができるように頑張ってみますよ!みなさんお楽しみに!

Published inHiro

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。