Skip to content

音読のすゝめ 壱

Good morning, ya’ll!

西梅田校のマサキです。

9月になりましたね🎑

これから涼しくなっていくのかな✨
って思っていたら

連日の雨😇
噂される台風🌀🌀

大丈夫でしょうか💦
大丈夫であることを祈るしかない。

 

さて、GLOBE では、新しい教科書を用いてのレッスンがスタートしています📚✨

受け放題になったこともあり

生徒さんによっては
進度が格段にはやくなるであろうとも思われるので

Speaking メインの教科書2冊 📕📗

Grammar メインの教科書1冊 📙

でレッスンが進んでいきます!!

 

さらに、講師が使用するデジタル教材も充実していて

西梅田校では音声面に強化している場面
も見られます✨✨

 

15分間のラウンジタイムはアットホームな空気ですが

レッスン中はスクールっていう感じがさらに増して

個人的にはすごく好きな雰囲気です🙌🙌

 

というわけで(前置きが長い)

 

音声を活用した、おすすめしたい勉強法を紹介します!

日本人コースのみなさんにも
外国人コースのみなさんにもやってもらいたい。

それは……

音読 と シャドーイング

です💪💪

 

音読もシャドーイングも、どちらかといえば受容スキル(リーディング・リスニング)を磨く練習になります。

語彙を身につけるため、また
英語を英語のまま理解できるようになるために

これらの練習をしてもらいたいです👍👍

 

今日は音読を紹介しますね✨✨

音読は、まじでよいです。
國弘正雄さんは〈只管朗読〉を提唱してましたね✨

 

英語にかぎらず、言語を発話するときは

音+意味+文字

の理解のつながりがスムーズであることが重要です。

 

音読は、文字と意味、あるいは音と意味をつなぐのに効果的です

リスニングで、音は聞きとれるけど理解できているかは……

ということないですか?

その一因は、音と意味のつながりが弱いためであると考えられます💡

8割ほどならすらすら理解できる文章を繰り返し声にして読めば
弱点を克服する一助になるはずです!

 

また、リーディングで、読めるけどスピードが遅い……

という悩みを持っているひとも音読をしてみてほしいです。

人間って(たいてい)文章を目で読むとき
頭のなかで音読してるんですよね。

なので、音読スピードは読解スピードにつながります

 

音読は、7~8割すんなり理解できる素材で
粛々と、淡々とやってみてください!!

それがいちばんむずかしかったりするんですけどね……。

 

10割理解できているスクリプトがあるなら
暗唱がおすすめです

 

次回はシャドーイングに関して書きますね。

 

See you!
Masaki

Published inMasaki

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。