Skip to content

Waving Bye

Good morning everyone!

西梅田校のマサキです🙌

Hope you all are doing well!!

 

週一でブログ書くって意外と大変ですね💦💦

なので、時間があるとき、ネタ集めのために

GLOBE の過去のブログ記事
読んでみたりしてます 笑笑

 

で、似たようなトピックに関して

ブログを書ければと思いました💡💡

そうです。自分でネタを考えることを放棄しました。
怠惰の権化です。

 

というわけで!

今回「たしかに〜✨」と思った記事はこちら!

2016年10月12日にヒロさんが投稿されたものです!

 

Adeus!

 

西梅田校では、カナダへの留学準備のため
9月後半以降はオンラインでレッスンを受講するという生徒さんがいらっしゃって
14日に実地校での最後のレッスンをされました。

そのとき Dusan が “May God be with you” といって
彼女との別れを惜しんだのを見て

この記事やん😭😭
って思ったのです。

 

ヒロさんは以下のように書かれていますね📝

 

ポルトガル語で「Adeus」はいわゆる「Good-bye」として使われますが、語源は、

Ad :〜とともに

Deus : 神

なので「神とともにあります様に」という意味で比較的長い別れの時に使う言葉です。まあ実は英語の「Good bye」もそうらしいですが。

 

英語の “Good bye” は、“God be with ye” (神があなたとともにありますように)の略です。

(ye は you の古いかたち)

ぼく自身は無宗教ですが、キリスト教系の学校に勤めていたとき、
卒業式にうたう賛美歌は

“God Be With You Till We Meet Again” でした。

 

“Good bye” の由来は

“Adeus” と通じるものがありますね!

別れのときに何気なく発することばが
じつは相手に対する気遣いにあふれている

って素敵だと感じます🙏

 

ちなみに日本語の「さようなら」は

男ことば「さらば、ごきげんよろしゅう」と

女ことば「さようなら、ごきげんよう」

が由来で、どのみち接続詞句が〈あいさつのことば〉になっているようです😮😮

 

日本の挨拶は、英語やポルトガル語とは違って神さまとか関係ないんかーい……笑

 

でも!

共通点みたいなのもあって!

別れのさいに手を振るという動作は神道から来ている行為だそうです。

古来、日本では
空気を振動させることで神さまを呼ぶことができると信じられていたそうです。

これは「魂振り」と呼ばれる行為のひとつで

手を振った相手のもとに神さまが来て

その加護のもと、安全でいられるようにという

願いがこめられているそうです。

 

日本の風習にも、深い意味が隠れているんですね😎

 

文化や伝えかたは違えど

たいせつなひとを思いやる気持ちは
変わらないってことですね🥰

 

Clara が退職したり、生徒さんが旅立ちの準備をしたりと

別れもせつないものがありますが

 

 

みんなの前途が
祝福にあふれたものであるよう祈っております🙏✨

 

See you!
マサキ

Published inMasaki

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。