Skip to content

ヒロのカナダ留学期14:事件②前編

プロローグ12345 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13

 

エピソード1で話しましたが、僕のカナダ留学は、カナダ人のスコットと彼の彼女マサコさんのおかげでスタートラインに立てました。

 

If I hadn’t met them, I wouldn’t have been who I am today!

 

と書きましたが、まさにその通りで、本当に出会いに感謝。人生を変える出会いでした。

 

そしてそんな留学を満喫している頃、一報が入り、スコットとマサコさんがめでたくハワイで結婚するというじゃないですか!

いやー本当に嬉しかったです。自分のことのように。

 

そして両親、幼なじみ等、スコットが数年住んでいた僕の地元大月町からも数人参加ということで、僕も参戦すべくチケット探しに乗り出しました。

 

学校のスケジュールと貧乏学生の財布事情(もう売るギターはない・・・)を鑑みて買えるチケットが一つだけありました。

 

結婚式当日に着く、1週間のフィックスのチケット。

 

まだまだ出たとこ勝負で細かいことを考えるのが苦手な僕はとりあえず一番安いということでこれを買い、ちょっとでも飛行機遅れたりしたら式自体間に合わないとか、結婚式後6日間もハワイに残る人なんて普通いないとか考えずにとにかく初のハワイ、両親や友達に、何よりスコットとマサコさんに会えることが楽しみすぎて、ただただワクワクしてました。

 

そしてついにハワイ上陸。

 

飛行機は無事定刻通り到着し、一路式場へ。

 

アウトドアで、みんなアロハ来て、両親もなんかやたらはしゃいでて、そして美しい新郎新婦。

僕自身が結婚したとき、高知の山奥の温泉旅館で、最高の天気の中、家族だけでアットホームな野外ウェディングしましたが、今思うとこの時の結婚式のイメージが残ってたんだろうと思います。

 

とにかくみんな楽しそうで、幸せそうで。

 

ちなみに写真見るとその当時の僕は、

 

坊主の金髪

 

でしたが、そこはハワイの挙式ってことで違和感全くなかったと思います!!(笑

 

そしてもっと楽しかったのが、披露宴。とにかく酒好きの高知県人が多数集まり、新郎新婦の友人メキシコ人からは見たことない巨大なテキーラが振る舞われ、大人も子供もみんなでフラダンスを踊り・・・

 

あれ?

 

えーっとそれから・・・なんだっけ?

 

ここらへんから記憶が曖昧になってきました(笑

 

この披露宴の後、同じ街で同じ日に生まれた幼なじみで飲み仲間、コズエと「飲み直すぞ」とまずはコズエのホテルに向かい、ホテルの下で待っていたんですが、式で知り合ったある男性が、この様子を見て

 

「女の子が酔っぱらった状態で男のホテルの部屋にいくなんて危ない!」

 

とコズエを頑としてホテルから出さないように通せんぼをし、コズエはそれをなんとか掻い潜ろうと走り回り、

 

トムとジェリーの追いかけっこ

 

が始まりました(笑

コズエに惚れたんでしょうか?僕はそれを「めんどくさいなぁ」と思い眺めてたんですが、疲れてきたので、「もう先に帰ってるから、後できいや」と言って1人でホテルを出ました。

 

これが大体夜の9時ごろでしょうか?

千鳥足でホテルを向かう僕。

 

 

 

 

 

そして次の記憶は、

 

 

 

 

暗闇の中、草むらの上で寒さで目を覚ましたシーンでした。

 

 

To be continued.

Published inHiro

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。