Skip to content

“The Righteous and the Chivalrous”

G’morning!

西梅田校のマサキです🙌
Hope you’re all doing well!

 

11月になりましたね!!

ハロウィーンイベントも自粛される10月末、
ぼくは石川県に行ってきました!

海鮮も美味しかったし、兼六園の自然も堪能しましたが

なによりもたのしみにしていたのが

泉鏡花記念館

でした。

というわけで今日はちょっと日本文学の話です!

 

泉鏡花に関してはこちら→  「泉鏡花」(wikipedia)

 

鏡花は『外科室』や『高野聖』が有名な文豪ですが
個人的な鏡花作品ナンバーワンは『義血侠血』です!

 

女芸人である水島友と、法曹を目指す村越欣弥の悲恋を描いた作品!

『瀧の白糸』のタイトルで映画化もされています。

 

こちらの 青空文庫 で無料で読むことができます!

英題は “The Righteous and the Chivalrous”

正義の者と仁侠(直訳的には騎士道精神)の者、という意味ですね。

華やかな文体と、夏の空気を感じる天神橋の場面の描写がとても好きです✨✨
でも若干かなり読みにくい。

 

『白糸の名』という、『義血侠血』をモチーフにしたボーカロイド曲もあるので

こちらも聴いてみてください!

 

滝の白糸碑(梅の橋)

 

泉鏡花記念館内、鏡花父子像

 

水島友と村越欣弥が偶然の再会を果たし、契りを交わす天神橋

 

東茶屋町も近いので、石川を訪れたさいは

ぜひ鏡花の足跡も辿ってみてはいかがでしょうか🐾🐾

 

See you next week!
マサキ

Published inMasaki

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。